ファイザー製ワクチンの抗体価は3か月後に低下、藤田医科大が確認

  • 1
  • 40
ファイザーの新型コロナウイルスワクチン(AFP時事)

藤田医科大学は、新型コロナウイルスワクチンの効果が時間とともに、低下する可能性があることを確認した。米ファイザー製ワクチンで、1回目の接種約3カ月後に抗体価を調べたところ2回目の接種約14日後と比べて約4分の1に減少していることが分かった。

同大の20代から70代の教職員209人を対象に調べた。

ウイルスの感染や増殖を阻害する中和活性に関わる「IgG抗体」の数を測定した。2回接種した後は全ての被検者で抗体価が上昇したが、3カ月後には平均値が4分の1となった。

調査を担当した藤田医科大の藤垣英嗣講師は「半年後、1年後の抗体価についても調査する」と語った。同様の研究は国内外でも取り組まれている。

抗体価はワクチンの効果を示す指標の一つ。細胞性免疫など他にも指標があるため、発症や重症予防の効果を明らかにするには今後も研究が必要という。

日刊工業新聞2021年8月27日

関連する記事はこちら

特集