経産省が新興国での事業化を補助。中堅・中小向けに最大3000万円

  • 0
  • 1
写真はイメージ

経済産業省はアフリカやインドなどの新興国で製品・サービスの開発を目指す中堅・中小企業を対象とした補助事業の公募を始めた。現地の大学や研究機関、企業などと共同で開発や実証などに取り組む際の経費の一部を補助する。現地の政府や政府とのネットワークづくりの支援を通じ、日本企業による海外展開を後押しする。

補助事業は10社程度を採択し、1社当たり最大3000万円(補助率3分の2)を補助する。現地での事業展開に必要なパートナーとの連携を円滑に進める支援も手がける。

デジタル、環境、インフラ、ヘルスケアをはじめあらゆる分野からアイデアを募り、新興国での事業展開へつなげる。締め切りは6月11日正午。問い合わせは技術・人材協力課へ。

日刊工業新聞2021年5月28日

キーワード
補助事業 新興国

関連する記事はこちら

特集