ラグビー日本代表HC、ジェイミー・ジョセフが語るダイバーシティ

「選手はチームでプレーするプライドを感じている」

 多様な選手が活躍するラグビー。加えて、代表チームにさまざまな国籍の選手が選ばれるのも、他の競技にはない魅力の一つだろう。2019年のワールドカップ日本大会に向けてチーム作りに取り組む、日本代表ヘッドコーチ(HC)のジェイミー・ジョセフ氏に、ラグビーとダイバーシティの関係などについて聞いた。経済産業省の公式メディア「METI Journal」の連載特集「ダイバーシティ2.0」のインタビューから一部抜粋してお届けする。

 -ラグビーのナショナルチームは外国人選手も一定の要件を満たせば、母国以外の代表になることができ、ダイバーシティの例としても話題にされます。代表として戦うための心構えやプライドについてどう考えますか。
 「国を代表するプライドというのは、イコールそのチームでプレーするプライド。ひいては個人がそこでプレーできるというプライドというようにつながっていくと思います。ラグビーにおいては、3年以上住んでいれば外国人でもその国の代表になれます。3年あればその国の文化を知ることができるし、代表として大切なことだと私は思っています」

 「私自身が日本の代表になったときも、日本の文化を知ること、ないしは日本の選手を知ることによって、その中で自分がプレーをすることに対する誇りを感じられるようになったからです。自分の母国の代表を務めるのと、日本代表になるということはイコールではありません。それでもチームでプレーするプライドというものを感じてやっていました。恐らくラグビーの選手に関してはそこの部分が大きい」

言葉はそこまで重要ではない


 -企業においてもグローバル化が進み、今では職場に外国人がいることも珍しくありません。異文化同士のコミュニケーションで大切なこととは。
 「私自身は、違う国の選手たちが集まっている中でコミュニケーションの難しさを実はあまり感じたことがなくて、どのチームでも皆がスムーズに溶け込んでいたと記憶しています。(外国人選手が)代表になる時点で、その国の文化や言葉などに関してベースとなる理解を彼らが持ってくれているので、そんなに注意しなければならないことはありません。言葉の問題があっても、日本人の選手が間に入って助けるなどすれば、解決策は何かしらあるでしょう」

 -言葉の壁はあまり心配する必要はないと。
 「言葉というのは明らかにコミュニケーションしていく上での大事なツールの一つ。しかし、特に1対1のコミュニケーションを考えたときには、そこまで重要ではないと考えています。もちろん、さらにもう一歩踏み込んで、その人をより理解するためには、言葉が助けてくれる部分は大きい。そういう意味では私自身ももっと日本語を勉強しないといけないのかなとは思います」

 -スポーツのメンバー選考と同様に、企業においても自分の処遇などに不満を持つ社員がでてきます。部下に処遇を納得してもらい戦略を遂行してもらうために、指導者がなすべきこととは。
 「自分たちがまず戦略を立てて、それをリーダーグループと共有し、そしてプレーヤーに落とし込んでいく。その過程で、選手を選考する必要が出てきます。一回のミーティングですべてを理解させようとは思わないで、何回かかけて選手たちに『このゲームプランでいい』と信じられるようにしてあげることを大切にしています」

 「キャンプ(合宿)などは重要な機会で、私たち(指導層)がどういうコーチングをしようとしているのかを、選手たちがより深く理解してくれます。これはビジネスの世界も同じだと思います。戦略を理解してもらった上で、それぞれのゲームの局面において、各選手が自分はどんな役割を持っていて、どう動くことが求められているのかをきちんと話をしていきます。かなり戦略的、戦術的な話のもっていき方だと思いますよ」
<全文は「METI Journal」でお読みになれます>
                    

【略歴】
ジェイミー・ジョセフ(Jamie Joseph)。1969年ニュージーランド生まれ。 オタゴ大学卒。ラグビーニュージーランド代表(オールブラックス)などを経て、1995年に日本のサニックス(現宗像サニックスブルース) に加入。1999年には日本代表に選ばれた。2011年スーパーラグビー・ハイランダーズのHCに就任し、2015年シーズン優勝。2016年9月より現職。

明 豊

明 豊
07月21日
この記事のファシリテーター

METI Journalのダイバーシティ連載企画を考えている時に、スポーツ分野で真っ先に思い浮かんだのがラグビーでした。自分は経験者でもなく試合を生で観戦したこともないが、前回のW杯における日本代表の活躍は鮮明に記憶されている。19年はいよいよ日本。ジョセフHCの思考回路、人柄を含め全文をぜひお読み下さい。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。