【METI Journal×ニュースイッチLabo】開催のお知らせ

 経済産業省の公式情報メディア『METI Journal』と『ニュースイッチ』がコラボレーションし7月27日(木)に「METI Journal×ニュースイッチLabo」を開催します。
 
 6月に『METI Journal』がオンラインサイトとして大幅リニューアルされました。ニュースイッチを運営する日刊工業新聞社は経産省と一緒に『METI Journal』の企画・取材・編集などに携わっています。

 目玉は月替わりの特集連載で、6月のテーマは「コネクテッドインダストリーズ」。日本の新しい産業戦略について、全11回にわたりさまざまな角度から情報発信してきました。
 
 新『METI Journal』はオンラインだけでなく、オフラインを通じても経産省の政策などについて読者の方々とコミュニケーションしていく予定です。そこで連載特集「コネクテッドインダストリーズ」をテーマに、最前線で活躍する若手経営者、ビジネスパーソンたちが、“つながる”ことで実現したい社会、描く未来について語り合うイベントを企画します。

 当日は経産省内にあるパーチオフィスにて少人数開催となります。議論もオープンな形式で、聴講者の方々にも随時加わっていただきます。ニュースイッチの会員の皆様の中から、希望者3名の方を聴講者としてご招待します(応募人数多数の場合は抽選になります)。

 申し込みフォームの氏名欄に氏名および「(会員)」と記してご応募下さい。
(例:日刊 太郎(会員))
応募はこちら

<日時>7月27日(木)19:00~20:30
<場所>経済産業省(〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1)
<定員>20名前後(対象は20歳代~40歳代前半)
<参加費>無料
<申込締切>7月14日(金)

参加者の方には聴講券をメールにて、7月21日(金)頃までにお送りいたします。

<参加パネラー(予定)>
●KAIZEN platform社長 須藤 憲司氏
●One JAPAN共同発起人・代表 濱松 誠 氏
●コマツ CTO室 笹井 健史 氏

その他に大手民間企業(調整中)、経産省から若手官僚の方々も加わります。

  

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。