車いすバスケ、仮想現実で体感

サントリーHD、選手視点のVR動画公開

 サントリーホールディングスは車いすバスケットボールの試合を体感できる仮想現実(VR)動画「ラスト1分。日本代表は君だ。」を同社のホームページ上で公開した。

 スポーツ振興の一環。VR動画は実際の選手の視点で撮影したもので、車いすバスケの試合を体感できる。スマートフォンでもみられる。同社は2015年に日本車椅子バスケットボール連盟と、オフィシャルパートナー契約を締結。日本代表候補選手の支援などを行っている。

日刊工業新聞 2017年4月28日

斉藤 陽一

斉藤 陽一
04月29日
この記事のファシリテーター

 5月3~5日に東京体育館(東京都渋谷区)で開かれる日本選手権では、3次元のVR動画を体感できるブースが出展されるそうです。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。