三菱電機、車いすバスケを支援

10月に千葉市で開かれるアジア・オセアニア王者決定戦に協賛

  • 0
  • 1
昨年に行われた日本対英国の国際試合
 車いすバスケをサポート―。三菱電機は10月に千葉県で開催される車いすバスケットボール国際大会に冠スポンサーとして協賛する。同社はバスケのチームを所有しており、社会貢献の一環として支援する。同大会は2016年にブラジル・リオデジャネイロで開幕するパラリンピックの出場権を決める。

 大会名は「三菱電機2015IWBFアジアオセアニアチャンピオンシップ千葉」で、日本車椅子(いす)バスケットボール連盟が主催する。男子は12カ国・地域、女子は3カ国参加し、アジア・オセアニア地区の王者を決める。男子は3位まで、女子は優勝国がリオ五輪に出場できる。近年、同社は同連盟や日本障がい者スポーツ協会と連携。障害者スポーツの本格的な支援に取り組んでいる。今大会への協賛を通じ、車いすバスケの普及を図る。日程や場所は以下の通り。
 ▽10月10―17日=千葉ポートアリーナ(千葉市中央区)

日刊工業新聞2015年09月02日 電機・電子部品・情報・通信面

COMMENT

斉藤陽一
編集局第一産業部
デスク

連盟のHPによると、前回の2011年大会はオーストラリアが男女アベック優勝を果たし、日本は男子が準優勝、女子は中国に次いで3位という結果。翌2012年のロンドンパラリンピックは男子はカナダ、女子はドイツが金メダルで、銀メダルは男女ともオーストラリア。日本の男子は9位でした。

関連する記事はこちら

特集