シャープが可動式太陽光パネル開発。降雪地域で実用化へ

FITのおかげで苦労なしで売っていた会社なら生まれなかった

 シャープは雪が降ると太陽光パネルを倒し、晴れると元の位置に戻す太陽光発電用の架台を開発する。パネルを可動式にすることで、積雪による破損や雪下ろしの負担をなくす。2016―17年の冬に山形県内で実証しており、積雪があるため太陽光発電の普及で後れをとる降雪地域に新架台を導入し、実用化を目指す。

 開発中の架台は、地面と固定する支柱を中心に両側の太陽光パネルを下げたり、上げたりできる。晴天時はパネルを水平に保ち、雪が降ると折り畳んで垂直にする。上げ下ろしは手作業ができるようにする。

 パネルは雪の重みでたわんだり、割れたりするため、降雪地域の太陽光発電所は雪下ろしが必要。また、除雪作業中にパネルを傷めることもあった。

 日本海側の降雪地域と太平洋側では、太陽光発電の導入量に差がある。山形県の導入量は宮城県の6分の1、秋田県は10分の1となっており、シャープは新架台で降雪地域の需要を掘り起こす。

日刊工業新聞2017年3月24日

松木 喬

松木 喬
03月25日
この記事のファシリテーター

(同じフレーズばかりですが)パネルがあれば売れた時代は終わりました。FITのおかげで苦労なしで売っていた会社なら、降雪地帯は無視するでしょう。課題をニーズと捉え、雪国での設置をビジネスチャンスと思えるから新しい商品を考えられるし、市場で生き残るのでしょう。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

PRmore

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。