今年のサッカー天皇杯・皇后杯、試合球は「サクラボール」

模様だけじゃない、ボール表皮にも秘密

 モルテン(広島市西区)は、サッカーボール「天皇杯試合球=写真」「皇后杯試合球」を、7月1日に全国のスポーツ用品店で発売する。第95回天皇杯、第37回皇后杯の両大会にモルテンブランドとして初めて公式試合球を提供する。価格は1個1万6200円(消費税込み)。

 試合球は「日本の和」「最高峰の戦い」をコンセプトに、両大会の象徴であるサクラの花をデザインに取り入れ、日本の伝統的な「勝ち虫紋」のパターン紋様を採用。ボールの表皮に施した特殊なシボ加工で空気抵抗による軌道のブレを抑え、狙い通りのパス、シュートが可能。

 同社はこれまでも他社ブランドで両大会にボールを提供してきたが、今回はモルテンブランドとして初めて全試合に公式試合球を提供する。
(広島)

日刊工業新聞2015年06月03日 建設・エネルギー・生活面

斉藤 陽一

斉藤 陽一
06月13日
この記事のファシリテーター

同社はサッカーのほか、バスケットボール、バレーボール、ハンドボール、ラグビーなどのボールも手がけています。同社の商品ホームページを見ていたら、何となく昔、学校の体育の授業でお世話になったような気がしてきました。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。