日経新聞が採用支援事業でWantedly!

ウォンテッドリーに出資、若年層や新興企業などへ新サービス

  • 0
  • 0
仲暁子ウォンテッドリー代表
 ウォンテッドリーは10日、日本経済新聞社と資本業務提携すると発表した。日経新聞を割り当てとした約1億円の第三者割当増資を実施。採用支援事業や各イベントで業務提携を進める。今後はそれぞれの顧客基盤やブランド、提供コンテンツなどを活用した新サービスの企画や運営も検討する。

 ウォンテッドリーは2010年に創業。SNSを軸にした採用支援サービス「Wantedly」を運営。2015年6月時点でのMAU(月間アクティブユーザー)は60万人、登録企業はスタートアップをはじめとして900社に上るという。

 日経新聞はウォンテッドリーとつながりのある若年層や新興企業などに向けた情報発信に力を入れる。また、日経グループで提供してきた転職関連サービスの拡充していく考え。

ニュースイッチオリジナル

COMMENT

明豊
執行役員 DX担当
デジタルメディア局長

以前、仲さんに会った時は「うちの会社の価値は高いですよ~」と話していたが、日経が目を付けるか。日経のデジタル戦略でソーシャルはまだ弱く、しかも若い層の獲得が大きな課題になっている。 でもお金のある会社はいいな・・。

関連する記事はこちら

特集