夢のベアリング?空スペースの摩擦損失を大幅低減した転がり軸受の凄さ

  • 1
  • 6
 空スペース(東京都小金井市)は、玉やコロなど転動体の公転を維持する保持器を不要にした軸受「自律分散式転がり軸受」を完成した。転動体が通る溝の形状を加工して転動体同士の接触を防ぐ。自動車や鉄道関連企業へのライセンス供与で年間20億円の売上げを目指す。ベアリングは通常、転動体同士が接触せずに公転するよう、両者の間に保持器を挟む。ただ、強い摩擦力を受けるため消耗が著しい。同軸受は保持器を使わずに、転動体の接触を避ける。

 軸受内の内溝の一部を加工して、転動体の転がるスピードを調整。加工部分の通過時に公転速度を一時的に下げ、脱出時に上げることで、隣の転動体との間隔を設ける。

 保持器を不要にした分、転動体を多く配列できるため、深溝型の同じ外径の従来品と比べ2倍の耐荷重を実現。軸方向への負荷に強いアンギュラ型では、一般的な製品と比べて2割程度の低価格化が見込める。

 youtubeの動画を見るのが一番早いです。
 

※@monoDoは、日刊工業新聞社が日本のモノづくり技術を日英2か国語の動画の形で世界に発信する有料サービスです。海外の技術者やビジネスパーソンが注目する複数サイトに掲載します。

日刊工業新聞2007年10月24日付機械・ロボット面

COMMENT

清水信彦
福山支局
支局長

 このベアリングは凄い…。動画を見れば一目瞭然。スムーズに回る原因となっているからくりも、目から鱗というかコロンブスの玉子というか、気づいてしまえばなるほど!と思うような革命的な仕掛けです。  ベアリングってあまり目立ちませんが、ありとあらゆる回転体に使われている重要な機械部品。たとえばモーターには大体2個は必ずついていて、接触部品のため壊れるときは大体ベアリングがやられるという。一発当てれば経済効果は大きい、社会全体の省エネとかにも革命をもたらす部品なのです。  開発者の河島さんは、もともとベアリング国内最大手の日本精工にいたそうで、内容の信頼性も高そうです。  なぜ日本精工では商品化できなかったのか?玉とかコロが溝を通ることで、回転軸にブレは生じないのか?などなど、いろいろ直接お会いしてお聞きしてみたいです。

関連する記事はこちら

特集