クルマ売るだけでなく、サッカーも教えます

トヨタと日本サッカー協会が協定。店舗スタッフが未就学児にサッカー指導

 トヨタ自動車は、日本サッカー協会(JFA)と日本サッカーの普及発展に向けたプロジェクトでパートナーシップ協定を結んだ(写真)。全国のトヨタ販売店の店員らが中心となり全国の未就学児を対象にサッカーの巡回指導を7月から始める。サッカーを通じ地域の子供に身体を動かす楽しさを伝える。

 JFAが進める「JFAユース&ディベロップメントプログラム」に参画する。トヨタ販売店、部品共販店、レンタリース店のスタッフがJFA公認のライセンスを取得し幼稚園や保育園に出向いて指導する。会見でトヨタ自動車販売店協会地域貢献活動特別研究会の卜部治久委員長は「サッカーを通じて、地域との交流を深めたい」と述べた。

日刊工業新聞2017年5月19日

斉藤 陽一

斉藤 陽一
05月23日
この記事のファシリテーター

 昨日のU-20W杯でアシストを決めた久保選手のような人材が、こうした地道な指導の取り組みの中から生まれることを期待したいです。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。