これもウエアラブル?膝の屈伸のタイミングを電気信号で教える機器

パナソニックが主に高齢者向けに商品化。販売店でカウンセリングも

  • 0
  • 0
膝周り前後にそれぞれ電極を配置する
 パナソニックは60―70代を狙った筋力トレーニング機器「ひざトレーナー」を8月21日発売する。膝周りに装着して歩行時に最適なタイミングで電気刺激を与え、膝回りの筋肉を無理なく鍛える。膝周り前後にそれぞれ電極を配置。歩行時の膝の曲げ伸ばしをセンサーで検知し最適なタイミングで前後へ交互に電気刺激を与える。価格は14万8000円(消費税抜き)で月産計画は1000台。

 久留米大学医学部が研究する、人間の動作と電気刺激を組み合わせて効果的に筋力を鍛えるハイブリッドトレーニングと、パナソニックのセンシング技術を融合した。60歳以上は膝周りの筋力低下に比例して1日当たりの歩数が減り、歩行運動が減ることでさらに筋力が衰え、膝への負担が増す悪循環に陥りやすい。

 新製品は60―70歳が3カ月間で週3回、1回30分使用した検証で、膝周りの筋肉が約4割アップする効果を確認した。地域密着で顧客へのカウンセリングやアフターフォローが行える認定店制度を設けて、まずはパナソニックショップを中心に、認定店約1000店で販売をスタートする。

日刊工業新聞2015年06月02日 電機・電子部品・情報・通信面

COMMENT

明豊
デジタルメディア局
局長

今からでも使いたい。

関連する記事はこちら

特集