トヨタ、章男社長「東京五輪は未来のショーケース」

新設のモビリティー部門で最高位のスポンサー契約

  • 0
  • 0
バッハIOC会長「トヨタは持続可能な理想なパートナー」
 トヨタ自動車と国際オリンピック委員会(IOC)は、五輪の最高位のスポンサー契約である「TOPパートナー契約」を締結した。契約期間は2015―24年の10年間。乗用車や商用車、小型モビリティー、高度道路交通システム(ITS)、テレマティクスサービスなどの対象製品を、五輪大会に優先的に供給する。トヨタには五輪マークを営業活動で使用する権利が与えられる。

 TOPパートナーは1業種1社を原則とする。モビリティー部門の新設によりトヨタが12社目の協賛企業となった。日本からの協賛企業はパナソニック、ブリヂストンに次いで3社目となった。
 記者会見で豊田章男社長は「トヨタという会社を育ててくれた社会と、私自身を育ててくれたスポーツに恩返しをしたい」と五輪スポンサーを務める意義を説明した。さらに「五輪同様に自動車産業も持続可能性への挑戦が求められている」と指摘。「20年の東京五輪は10年間の活動の中心となる。未来へのショーケースとして、世界中の人々にモビリティーの可能性を伝えたい」と意気込みを示した。

 IOCのトーマス・バッハ会長は「交通は常に五輪で課題となる」と、TOPパートナーにモビリティー部門を新設した背景を説明。「トヨタは持続可能なモビリティーで世界のリーダーであり、理想のパートナーだ」と評価した。

日刊工業新聞2015年03月16日 自動車面

COMMENT

斉藤陽一
編集局第一産業部
デスク

豊田章男社長は学生時代、グランドホッケーの選手として活躍していたそうです。

関連する記事はこちら

特集