成田国際空港、発着回数と旅客数が過去最高に

格安航空会社の就航などが寄与

  • 0
  • 0
 成田国際空港(NAA)は2016年の航空機発着回数が前年比5%増の24万3474回、航空旅客数が同5%増の3905万3652人と、いずれも最高になったと発表した。発着回数は5年連続、旅客数は3年連続で最高を更新した。航空旅客数は初めて3900万人を超えた。年間を通じ国際線、国内線ともに新規就航や増便が相次ぎ、訪日外国人の拡大もあり、利用率も好調だった。

 発着回数は、国際線が同6%増の19万2104回と2年連続で最高になったほか、国内線は同0・3%増の5万1370回と2年ぶりに最高となった。また、旅客数は、国際線外国人旅客数が同11%増の1392万866人となり、3年連続で最高を更新。暦年としては初めて、外国人旅客数が日本人旅客数を上回った。国内線旅客数も同4%増の700万4576人と、7年連続で最高となった。

 2016年に成田空港発着の国際線を利用した外国人旅客数(乗り継ぎ客除く)が前年比11%増の1392万人に上り、1978年の開港以来初めて日本人を上回ったと発表した。アジアを中心に訪日客の増加が続いたのが主因。日本人の国際線旅客数(同)は2%増の1330万人と4年ぶりプラスだった。

 外国人旅客の増加が目立ったのは韓国線や香港線、台湾線など。格安航空会社などの路線新設・増便にそって利用客が増えた。

日刊工業新聞2017年01月27日

COMMENT

高屋優理
編集局第二産業部
記者

首都圏の国際線は、羽田でも増便が続いているのですが、成田は格安航空会社の誘致など、独自の取り組みで、利用者を伸ばし続けています。

関連する記事はこちら

特集