パナソニック、ミラーレスで「業界のモルモット」からシェア拡大に挑む

カメラ政権交代へ、新たな需要掘り起こし

  • 0
  • 0
変革を促すモルモットでありたい…とパナソニックの山根事業部長㊨
 「最もいいカメラは一眼レフ」という常識に、ミラーレス一眼カメラが本気で挑み始めた。

 パナソニックは2020年度にミラーレス一眼カメラの世界シェアを現行比7ポイント増の15%に引き上げる。高解像度「6K」の静止画を30連写できる旗艦モデルでブランドイメージを高め、プロ写真家の市場を開拓する。またエントリークラスにも「4K」の静止画を30連写できるモデルをそろえる。カメラ市場が縮小する中、ミラーレスは拡大が続く。カメラ各社は相次いで品ぞろえを拡充しており、競争が激しくなりそうだ。

 パナソニックは高解像度の動画技術を強みに、静止画と動画の両方を撮影できるカメラの需要を開拓する。動画から1フレームの静止画を切り出す方法で高速連写するため、スポーツなどの決定的な瞬間を逃さずに撮影できる。

 旗艦モデル「ルミックス GH5」は6K動画から静止画を切り出す「6Kフォト」機能を搭載し、大判プリントに対応する。映像制作に使える動画も撮影でき、プロ写真家への販売を本格化する。また、こうした技術を生かし、4Kフォトや自分を撮影する「自撮り」をしやすいエントリーモデル「ルミックス GF9」などを投入し販売数量を増やす。

 同社では19―20年頃には、ミラーレスカメラの市場規模が一眼レフカメラを超えると予想する。一眼レフで高いシェアを持つキヤノンやニコンもミラーレスカメラの品ぞろえを強化しており、顧客の奪い合いが激しくなっている。

 山根洋介イメージングネットワーク事業部長は、「いい意味で、業界のモルモットでありたい」と話す。提案するのは動画の可能性だ。GH5は、映像制作のフォーマットに対応した動画を作成でき、静止画にも動画技術を使う。

 最高で高解像度「6K」の動画から1フレームを静止画として切り取る方法で連写するため、被写体を見失うことなく、決定的な瞬間を逃さない。ミラーレスが苦手とされていたスポーツシーンも得意だ。約1800万画素に相当する解像度で、大判プリントに対応できるようになった。これを機に、プロ写真家への販売に力を入れる。

 4月から有償のプロ向けサポートプログラムを始めた。18年度には海外でも開始したい考えだ。

 動画技術の強みは、マイクロフォーサーズサイズのイメージセンサーに裏打ちされている。フルサイズや中判サイズに比べ小さく、動きの速い被写体でも全体的にボケた映像になりにくい。それでいて、一般的な映像制作機器用のセンサーよりも大きい。「動画制作として、バランスの取れたサイズ」(山根事業部長)という。

 技術的な進化に加え、先代モデル「GH4」で実感したプロ写真家のニーズの変化が、プロ市場への参入を後押しした。スマホで手軽に写真を撮れるようになり、プロ写真家にも動画などプラスαの強みが求められるようになってきた。このため、GH4は予想以上にプロから好評で、GH5はその意見を反映して作り込んだ。

 同社のカメラブランド「ルミックス」は、登場して約15年ほどで、まだ歴史は浅い。山根事業部長は、「商品と販売の両方で、薄っぺらでない考えで作っていると伝えたい」と話す。

 6Kの次は8Kを見据え、チャレンジを続ける。
                        

日刊工業新聞2017年2月2日の記事を一部編集

COMMENT

明豊
執行役員 DX担当
デジタルメディア局長

望遠や広角など用途に合わせてレンズを選択するレンズ交換式カメラの中で、ミラーレスカメラの比率は着実に上がり、足元では約3割に上っている。同市場は、まずソニーやオリンパスなどがけん引し、一眼レフに強いキヤノンやニコンなども商品を拡充。今後、ミラーレス比率の拡大はさらに加速し、富士フイルムやパナソニックは、「19―20年ごろに5割を超える」と共通の見解を示す。ただ各社のカメラ事業の収益は厳しい。パナソニックも「モルモット」にとどまっている余裕はないはず。

関連する記事はこちら

特集