給油所初、アマゾンで買った自動車部品を取り付けられます!

東燃がアマゾンと提携。ネット通販によるラストワンマイルの攻略が始まるか

  • 2
  • 3
エッソのサービスステーション
 東燃ゼネラル石油はインターネットで購入した自動車用品の取り付けサービスで、アマゾンジャパン(東京都目黒区)と提携した。アマゾンの通信販売サイトでタイヤやバッテリーなどを購入した客向けに、買った商品を自動車に取り付ける有償サービスを、系列の給油所(SS)で3月に始める。石油元売り会社がこうした業務でアマゾンと組むのは初めて。SSの集客力を高め、給油やメンテナンスサービスの利用拡大につなげる狙いだ。

 「エッソ」などのブランド名で展開する系列SSのうち、車検や傷・へこみの修理、車体のコーティングなどのカーケアを包括的に請け負うサービス「ドライバーズリンク」の実施店(総数約1200店)で取り付けサービスを提供する。まず東燃ゼネラルグループの中央石油販売(横浜市西区)が直営する全国およそ200店の一部で始め、代理店や特約店にも導入を働きかけて順次広げる。

 アマゾンの利用者が自動車用品をネットで注文する際に、サービスを請け負うSSをアマゾンのサイト上で検索し、電話などで予約する仕組み。SSが受け取ったサービス料の一部を、手数料としてアマゾンに支払う。

 低価格などの理由から、車用品をネットで購入する消費者の割合が徐々に高まる中で、元来はネット通販と競合関係にあった車用品店チェーンのオートバックスセブンや、出光興産の子会社でSSチェーンを展開する出光リテール販売(東京都中央区)などがアマゾンと組み、取り付けサービスに先行して取り組んでいる。

 東燃ゼネラルは石油元売り本体で初のアマゾンとの提携で、既存客による系列SSの利用頻度を高めるとともに、新規の顧客獲得を狙う。



日刊工業新聞2017年1月31日

COMMENT

アマゾンがこうした異業種とのタッグで商品の受け取り拠点を広げていけばサービスステーションだけでなく、いろいろと考えられる。例えば新聞専売店や一般消費者に顔向けて商売をしている業種。まさにネット通販によるラストワンマイルの攻略が始まる気配だ。

関連する記事はこちら

特集