プレモル飲むとプレミアムな金曜日になる!

サントリーが連動企画。飲んでいる様子を投稿すると、ポイントがたまる

  • 0
  • 0
飲んでいる様子を専用サイトに投稿するとポイントがたまる
 サントリービールは官民連携で消費の喚起を狙うプレミアムフライデー商戦に向けて、高価格帯ビール「ザ・プレミアム・モルツ」の販売促進活動を始める。3月の刷新に先行し、料亭やバーといった料飲店で2月上旬からたる生ビールを提供する。飲んでいる様子を専用サイトに投稿すると、ポイントがたまるキャンペーンも仕掛ける。家庭向けはスーパーのチラシアプリケーション(応用ソフト)と連携し、食材とプレモルに誘導する取り組みを進める。

 プレミアムフライデーは消費喚起や地方経済の活性化などを狙い、企業や商店街などに毎月末の金曜日に実施を呼びかけるもので、初回が2月24日に設定された。経済産業省や経団連などが連携し後押ししている。

 サントリービールは料飲店の販売増を促すため、来店客が自身の飲んでいる様子をスマートフォンで撮影し、専用サイトに投稿するとポイントがたまり景品がもらえるキャンペーンを、プレミアムフライデー当日の2月24日に始める。

 家庭向けはスーパーのチラシアプリを活用し、画像をクリックすると各店がすすめる精肉の食材とプレモルに誘導する企画を実施する。

 2017年のプレモル販売数量は前年比3%増、1770万ケース(1ケースは大瓶20本換算)を計画している。サントリーはプレミアムフライデーが月1回の“ハレの日”行事として、プレミアムビールと親和性が高く、追い風とみている。

 一般価格帯ビールや缶チューハイを好む消費者も、プレミアムフライデーにはプレミアムビールを飲むことを提案する。スーパーはポスターの店頭掲示に加え、店チラシの閲覧アプリ「Shufoo(シュフー)!」と協業し、画像をクリックすると牛肉などスーパーのおすすめ商品とプレモルが表れる画像へ誘導する。

日刊工業新聞2017年1月26日

COMMENT

明豊
執行役員 DX担当
デジタルメディア局長

プレミアムフライデーが始まる2月24日には、優良料飲店「超達人店」の約1100店で、プレモル1杯が無料で飲めるキャンペーンも行うそうです。

関連する記事はこちら

特集