川重、自衛隊向け輸送ヘリ。累計100機納入

  • 0
  • 0
47JA(日刊工業新聞写真部撮影)
 川崎重工業は17日、陸上自衛隊と航空自衛隊向けに製造している輸送ヘリコプター「CH―47J/JA」の納入実績が累計100機になったと発表した。100機目となる47JA(写真)を、陸上自衛隊第1ヘリコプター団に引き渡した。同機は米ボーイングからライセンス提供を受け、1986年度から製造を開始。災害対処や人員輸送、国際任務などに対応している。

 現行機47JAはタンデムローター式の機体で、操縦性や安定性に優れる。機体前後上方にローター・ブレードを備え、後部に物資などの搭載が容易な大型ランプ・ドアを有する。

 川重は初代47Jと、大型燃料タンクを装備し航続距離を高めた後継機種47JAを陸・空自衛隊向けに製造。これまで陸自に計69機、空自に同31機を納入している。
日刊工業新聞写真部撮影    

日刊工業新聞写真部撮影

日刊工業新聞写真部撮影      

               

日刊工業新聞2017年1月18日

COMMENT

明豊
執行役員 DX担当
デジタルメディア局長

今年1月8日に行われた陸上自衛隊第一空挺団降下訓練始め。習志野演習場です。

関連する記事はこちら

特集