エアバス、旅客機の受注減鮮明も「心配ない」

受注に生産が追いつかない状況は続く

  • 0
  • 2
エアバスの「A320neo」
 欧エアバスは2016年度(1―12月)の民間航空機部門の業績を公表し、引き渡し機数が過去最高の688機(前期比8%増)となったことを明らかにした。受注機数は51社(8社が新規顧客)から731機を獲得し、内訳は単通路型機が607機、ワイドボディ機が124機。16年12月末時点の受注残は6874機となり、金額ベース(カタログ価格)で1兆180億ドル(約116兆520億円)に積み上がった。

 引き渡し機種の内訳は、単通路型A320ファミリーが545機(68機が最新機種の320neo)、A330が66機、A350XWBが49機、A380が28機。単通路型機の40%以上が最大機種のA321だった。

 受注機数は目標の650機を達成したものの、15年実績の1139機を大きく下回った。原油安に伴う燃料価格の下落で、燃費の良い新型機の更新需要が停滞したほか、格安航空会社(LCC)からの大規模受注が一段落したことが原因とみられる。

 エアバスの受注機数はこの5年間、ほぼ毎年1000機以上の高水準を維持し、受注残の積み上がりが加速。足元の受注が調整局面となっても、「それほど心配することではない」(関係者)といった見方が支配的だ。

 中長期的な航空機需要は、新興国を中心に拡大する見通し。懸案事項はむしろ、豊富な受注残をさばく生産能力にありそう。このため同社は、A320系の最終組み立てを手がける独ハンブルク工場などの増産に注力。A320系の月産能力を19年に60機(現在は42機)に増やす計画だ。

日刊工業新聞 2017年1月13日

COMMENT

ちなみにエアバスの純受注(キャンセル分を引いた数字)は731機。これに対し、ボーイングの16年の納入数は748機、純受注が668機。機材の構成もあるので一概に言えませんが、受注数ではエアバス、納入数ではボーイングに軍配が上がった年でした。  確かに生産能力の拡大は航空機産業の長年の課題。それでも世界でLCCの経営が芳しくない中、受注減のトレンドがどこまで続くかには留意した方がいいと思います。決して楽観的ではいけないかと思います。

関連する記事はこちら

特集