【今週のリケジョ小町】統合失調症治療薬の研究、部活はタッチラグビー

アステラス製薬  杉山 梓さん

  • 0
  • 0
「がむしゃらに研究に向き合って、“運”をつかみたいです」。アステラス製薬のつくば研究センター(茨城県つくば市)で統合失調症治療薬の研究を手がける杉山梓さん(29)は、笑顔でこう話す。成功確率が約3万分の1と言われる創薬の世界では、医学や科学への深い理解とともに、偶然の発見も重要となる。厳しい仕事だが、「人間関係や職場環境は、ものすごく快適。本当に研究のことだけを心配していればいい」。良き仲間と共に探求の日々を送る。

「あまり止まっていたくないタイプなんです」

 


【リケジョ小町 バックナンバーはこちら】

COMMENT

昆梓紗
デジタルメディア局DX編集部
記者

統合失調症だった方と、その周りの方が体験を綴った本を読んだことがある。正しい理解を得て、周囲の辛抱強い支えがあってこそ、治療に最後まで向き合うことができたという。辛抱強く、前向きに新薬研究に取り組んでほしい。

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる