酉年生まれの経営者たち#01

  • 0
  • 0
島津製作所の中本会長(左)と上田社長
**島津製作所・中本晃会長
 主力の分析、医用機器などで従来とまったく違った発想、視点でモノづくりをする努力が必要だ。人工知能(AI)などを利用した商品開発を、世界的にも最先端で実施できる体制づくりを下支えしたい。
(昭和20年生まれ)

島津製作所・上田輝久社長


 分子診断など新規事業を含む人の健康、食をはじめとする安心・安全な社会の実現、産業の発展など、この三つの領域での事業拡大を実現する。企業価値をさらに高める取り組みを、4月からの新たな中期経営計画で進める。
(昭和32年生まれ)

りそなホールディングス・東和浩社長


東社長

 ブランド力を高める一年にしたい。当社は窓口の営業時間も17時までで、新型店舗「セブンデイズプラザ」は年中無休だ。常識にとらわれない顧客サービスに取り組んできたが、「17時までやっているんですか」と驚かれる方もまだまだいる。サービスの充実はもちろんだが、「伝える」ことをこれまで以上に重視したい。
(昭和32年生まれ)

九州電力・貫正義会長


貫社長

 電力事業は地域密着。地域の繁栄がなければ成り立たない。地域のために人が活躍できる場をつくり、提供したい。九州は元気なアジアに近く活力ある地域。オープンイノベーションでAI(人工知能)、IoT(モノのインターネット)、ビッグデータ(大量データ)を生かし、製造業を海外から取り戻し、サービス業を高付加価値化させていきたい。
(昭和20年生まれ)

アルプス電気・栗山年弘社長


栗山社長

 2016年は政治や経済など世界的に大きく動いた。IoT(モノのインターネット)や自動運転など技術的には揺籃(ようらん)期だったのではないか。こうした変動は17年も続くため、来るべき未来への礎となる一年にする。こういう時期にこそ業種をまたいで新しいビジネスを広げ、試すべきだ。一方で強みの部品やソリューションの軸はぶれないようにしたい。
(昭和32年生まれ)

日刊工業新聞2017年1年1日

COMMENT

明豊
デジタルメディア局
局長

「酉(とり)年」生まれの人は推計943万人。著名人ではタモさん(45年生まれ)、石破茂議員(60年生まれ)、福山雅治さん(69年生まれ)、小泉進次郎議員(81年)らがいる。2017年の干支は丁酉(ひのととり)。島津の会長と社長がちょうどひとまわり違うのはなかなか興味深いですね。大手企業ではあまりないかも。

関連する記事はこちら

特集