【2016】レンズ越しに見た産業界の1年

  • 0
  • 1
2016年が幕を下ろす。取材現場で本紙カメラマンがシャッターチャンスを狙った一枚の写真は読者の心に伝わる。カメラが見た産業界の一年を振り返る。

大隅栄誉教授、夫婦で喜びの会見


 「オートファジー(自食作用)の仕組みの発見」で大隅良典東京工業大学栄誉教授(左)がノーベル生理学医学賞を受賞。決定発表から一夜明け妻の萬里子さんと会見に臨んだ(10月4日)
             


日産、三菱自を傘下に


 日産自動車、三菱自動車を傘下に。会見するカルロス・ゴーン日産社長(左)と益子修三菱自会長(当時)(5月12日)
            


シャープ、鴻海傘下で再建


台湾の鴻海精密工業によるシャープの買収が正式に決まる。握手しながら会見に臨む(右から)高橋興三シャープ社長(当時)、郭台銘鴻海会長(4月2日)
            


新幹線、新青森―新函館北斗間が開業


 3月26日、北海道新幹線「新青森―新函館北斗間」が開業。函館から青森を経由し東京へ向かうH5系(7月23日)
             


日立、人型ロボ開発


 日立製作所が開発した人型ロボットEMIEW(エミュー)3(4月8日)
           


IHI、国内最大級のシールドマシーン


 国内最大級、直径16.1メートルのシールドマシーンの面盤回転試験がIHI横浜工場内で行れた(9月15日)
           


山形で技能五輪大会


 山形県で開かれた第54回技能五輪全国大会(10月24日)
          


石巻市から、段ボールの「ランボルギーニ」


 東日本大震災被災地でもある「石巻から面白い情報を発信したい」−。石巻市の強化段ボール加工会社、今野(こんの)梱包がイタリア製高級スポーツカー「ランボルギーニ」の実物大模型「ダンボルギーニ」を社員有志で制作(2月26日)
        


「空のF1」、日本人が初優勝


 「空のF1」レッドブルエアレースで日本人パイロット室屋義秀選手が初優勝した。レース後の記者会見で優勝を実感し目を潤ませる室屋選手(6月5日)
                 

         


関東の夏、貯水率最低に


 関東地方の水不足が深刻化。貯水率はこの25年で最低。群馬県の矢木沢ダムなど利根川水系8ダムの貯水量は減り続け、10%の取水制限が開始された(7月6日)
           


注目度抜群のセグウェイツアー


 セグウェイを使う「セグウェイツアーin二子玉川」。注目度抜群のデモ走行(4月5日)
        


舛添前都知事、政治資金問題で辞任


 「政治資金問題は第三者に調査依頼する」−。足取り重く会見場から退席する舛添要一前知事(5月20日)
          


初の女性知事誕生


 東京都・小池百合子新知事の就任会見(8月2日)
          


11月の初雪、東京54年ぶり


 東京で11月に初雪が観測されるのは1962年以来54年ぶり。うっすら降り積もった雪が見頃を迎えている東京・神宮外苑の銀杏並木の足下で彩りを添えた(11月24日)
          


ポケモンGOブーム


 ポケモンGOの配信開始(7月22日)
          

            


時計職人が新たな時を刻む


 メーカーでも直せない時計が全国から「荒川マイスター」の称号を持つ山田時計技術店(東京都荒川区)の前山田三男代表の元に届く。「傷見」という専用のルーペを使い、全神経を指先に集中させる。(2月18日)
            

COMMENT

明豊
執行役員デジタルメディア事業担当 DX統括

日刊工業新聞らしい視点の写真も数多くあります。

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる