決算発表や謝罪など、記者会見の採点AI開発へ

東大など。本番前に修正するなどの応用を提案

東芝の会計問題の会見(昨年7月=写真はイメージ)
 東京大学の山崎俊彦准教授とプラップジャパンは共同で、記者会見を採点する人工知能(AI)の開発を2017年の1月から始める。決算発表や不祥事の謝罪会見、新製品表会などの音声・映像データ数千件をディープラーニング(深層学習)で学習し点数を付ける。記者会見の予行練習をAIで採点して、本番前に修正するなどの応用を提案する。

 発表者の印象や話の長さ、テンポ、質問の受け答えなど、プラップが企業などにコンサルティングしているノウハウをAIの評価項目に組み込む。社長交代や謝罪会見などケースに応じて採点できるようにする。将来はプレゼンテーションの採点アプリとして製品化する予定。営業のプレゼンや就職活動での自己PRなどを評価できるよう拡張していく。

日刊工業新聞2016年12月30日

COMMENT

明豊
デジタルメディア局
局長

記者の質問も採点を!

関連する記事はこちら

特集