今年の工作機械受注、1兆2000億円台は及第点?

3年周期の法則。来年、再来年あたりまでダウントレンドが続く

  • 0
  • 1
JIMTOFで展示したヤマザキマザックのハイブリッド複合加工機
 2016年の工作機械受注は、1兆2000億円台前半に終わりそうだ。日本工作機械工業会(日工会)が12日に発表した11月の工作機械受注実績(速報値)は、同5・6%減の1079億4400万円で16カ月連続の減少だ。1―11月は1兆1381億3700万円となり、日工会が目標にした1兆3000億円は達成が難しそう。

 工作機械市場は14年に約1兆5000億円、15年に約1兆4800億円と好況だったが、ここにきて陰りが見える。ただ、健全性の目安が月1000億円とされており、1兆2000億円を超えれば及第点と言える。

 11月単月は内需が同1・1%減の449億6700万円、外需が同8・6%減の629億7700万円だった。

 それぞれの減少は、内需が10カ月連続、外需が18カ月連続となる。
              

日刊工業新聞2016年12月13日

COMMENT

六笠友和
編集局経済部
編集委員

工作機械は周期的にアップダウンするシクニカル産業の代名詞です。このごろは3年周期と言われいています。これに当てはめれば来年、再来年あたりまでダウントレンドが続くと考えられます。

関連する記事はこちら

特集