ゲームキャラのセリフに吐息をプラス!人間味を付与する技術とは

カプコン、人間味のある会話を実現する音声技術

  • 0
  • 1
オセロットシステムの解説図(©CAPCOM CO.,LTD.2016 ALL RIGHTS RESERVED.)
 カプコンはゲーム端末に入力した文章をゲームのキャラクターが発話する際、文章の前後に笑い声などを加え、人間味のある表現を実現する技術を開発した。事前に収録した人間の相づちやうなり声などを加え、臨場感のある会話に近づける。カプコンが8日に発売するゲームソフト「めがみめぐり」に技術を導入するほか、他のソフトへの活用も検討する。

 新技術は「オセロットシステム」。東芝の音声合成ミドルウエア「トゥースピークG3」をベースに開発した。同ミドルウエアはカーナビゲーションシステムの読み上げ機能などに広く使われる。

 オセロットシステムの仕組みは、収録した音声を東芝の音声合成技術で処理した後、人間のような発話に近づけるため、カプコンの独自技術で音声波形を調整する。そこに新技術を活用し、合成した音声の前後に鼻歌や吐息といった生声を入れ、臨場感を高める。

 発売するソフトは、任天堂の携帯型ゲーム機向け。女の子とコミュニケーションする内容で、キャラクターに人間味のある発話を盛り込んだ。音声合成を使うゲームでは、入力文を機械的に読み上げるものが多かったという。新技術を他のソフトにも活用する方向で検討し、人間味のある表現を訴求する。

COMMENT

昆梓紗
デジタルメディア局
記者・編集者

確かに人間は明確な文章だけを話しているわけではなく、うなったり笑ったり余分な音をたくさん出しています。声だけで感情を表現するプロ、声優のテクニックなども参考になるのかもしれません。

関連する記事はこちら

特集