今日は「和食の日」 クックパッドで江戸時代のスイーツが作れる!

レシピを公開、料理本『万宝料理秘密箱』を現代語で

  • 0
  • 0
『万宝料理秘密箱』に記載された卵料理の調理手順
 江戸時代の料理を家庭のキッチンでも―。国立情報学研究所と国文学研究資料館は「和食の日」の24日、江戸時代の料理本に書かれた料理の調理手順をレシピ化した『江戸料理レシピデータセット』をクックパッドで公開すると発表した。国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録された「和食」の歴史と文化を普及させるのが狙い。

 国文研が所蔵する、江戸時代後期・天明5年(1785年)刊行の料理本『万宝料理秘密箱』に記載された卵料理の調理手順を現代の言葉に訳した上で、家庭でも手軽に調理できるよう編集した。

 「くずし字」で書かれた調理手順に対して、例えば「容器ごと水で冷やす」を「冷蔵庫で2時間程度冷やす」と変えるなど、時代や文化の違いを吸収してレシピ化した。文章と写真で食材の分量などを具体的に説明しており、手順に従えば、230年前の江戸時代のスイーツなどを家庭で作れるという。

(クックパッド公式サイトより)

日刊工業新聞2016年11月25日

COMMENT

明豊
執行役員デジタルメディア局長 DX担当

ちょっとサイトをのぞいてみました。江戸時代のオムレツはうずらの卵だったそうです。

関連する記事はこちら

特集