カラオケ店、VRでライブ体感。来年から100店舗で

KDDIがサービス。ライブ会場と通信しリアルタイム映像を配信

  • 8
  • 9
 KDDIは仮想現実感(VR)端末を活用し、カラオケ店で歌手のライブを体感できる新サービスを、2017年2月をめどに商用化する。歌手10組以上の映像を用意し、全国の約100店舗に導入する。ライブ会場と通信し、リアルタイムの映像を配信するサービスも提供する予定。カラオケ店で気軽に、臨場感があるライブ映像を楽しめるようにする。

 KDDI総合研究所の技術を活用し、利用者が自由に位置を移動したり、見る方向を変えたりしながら視聴できるコンテンツを制作する。商用化に向けてカラオケ運営会社やプロダクションなどの提携先を増やす。

 新サービスはシダックスやポニーキャニオン(東京都港区)と共同で実証した。10月から東京・新宿のカラオケ店でアイドルグループのライブや握手会の映像を提供し、好評だったため商用化を決めた。

 利用料は未定。実証運用はカラオケ店の利用料に加えて1時間600円で提供した。商用化時はコンテンツの内容に応じて価格を変えることなどを検討している。KDDIはVRを次世代の情報伝達手段になると位置づけ、体験の場づくりに力を入れている。

日刊工業新聞2016年11月21日

COMMENT

明豊
執行役員デジタルメディア局長 DX担当

結構ニーズはあると思うが、どれだけ良いライブコンテンツを集められるかがカギになりそう。今、音楽ライブはWOWOWとかでやっているが、かなりの金額で放映権をとっているし。映画館でライブを同時にやっているケースはあるが、音楽業界をどううまく巻き込んでいけるか。

キーワード
カラオケ店 商用化

関連する記事はこちら

特集