「バーバリー・ショック」を払拭できるか。三陽商会が衣料品価格引き下げ

「単価が高いという反省がある」 来年春夏シーズンから

  • 1
  • 3
 三陽商会は、2017年春夏のシーズンに投入する衣料品の価格を引き下げる方針だ。主力ブランドの一つである「ポール・スチュアート」の場合で、婦人服の価格を前年同期と比べて約2割引き下げる。インターネット通信販売といった電子商取引(EC)向けなどでは、比較的に低価格の商品も販売する。同社は「価値と価格のバランスが従来以上に求められている中、当社は単価が高いという反省がある」(岩田功取締役常務執行役員)との認識のもと、新規顧客の獲得を図る。

 三陽商会は15年6月末にライセンス契約が打ち切られた英国の高級ブランド「バーバリー」の後継に、英ブランド「マッキントッシュ ロンドン」を設定。中心価格を紳士服は同5%、婦人服のアウターは同17―27%程度引き下げて、価格競争力を高める。同ブランドの売上高は、計画に対して3分の2程度と苦戦している。40―50代の主要顧客に向けて、通気性や軽量といった機能性も付加して売り込む。

 同社はその他のブランドでも最低価格帯(裾値)を引き下げることにより、顧客層を厚くする方針だ。従来の中高価格帯の衣料品に偏った商品構成を見直して、バッグなどの雑貨類も品ぞろえを強化する。

 三陽商会の主力販路は百貨店。だが、百貨店の衣料品の売上高は、9月まで11カ月連続で前年同月実績を割っている状態。同社の業績も、16年12月期に各損益段階で赤字を見込むなど低迷している。

日刊工業新聞2016年11月10日

COMMENT

明豊
デジタルメディア局
局長

バーバリーは個人的に好きなブランドだったので、それを失うという影響は想像できたが、業績低迷やリストラ策をみると想像以上。ライセンスビジネスの事業モデルを再構築していくのは相当に困難な道と思うが、立ち直ることに期待したい。

関連する記事はこちら

特集