社員考案の体操で体力測定値向上!ゆるキャラと一緒に挑戦しよう

旭硝子、鹿島工場の取り組み

  • 0
  • 0
鹿島工場で昼休みに実施している「はつらつ体操」
 旭硝子の鹿島工場(茨城県神栖市)で社員が考えたオリジナル体操「はつらつ体操=写真」の成果が出ている。3月から同工場全体で取り組みを開始。体力測定は2月時点で全体平均値が「やや劣っている」だったが、10月に「ふつう」に改善した。

 体操は、看護師で同工場健康管理センターの長谷川敏絵さんが考案。まず左右1分ずつ片足で立つ。次に肘と膝を反対にくっつけ、平衡感覚や背筋、体幹の筋力を鍛える。最後に片足を前に踏み出して重心を下げ、下肢筋力の向上を図る。

 建築用ガラスを製造する同工場では、40歳以上が全体の約6割を占める。長谷川さんは、「やれば効果が期待できる」と周囲に呼びかける。同工場では昼休みに実施し、千葉工場(千葉県市原市)など他の工場でも導入が進む。体操は動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開している。


日刊工業新聞2016年11月1日

COMMENT

斉藤陽一
編集局第一産業部
デスク

「トッチ君」なるガラスの怪獣が体操にチャレンジしている姿がほほえましいです。

キーワード
長谷川敏絵 同工場

関連する記事はこちら

特集