VRでリアルタイム海外旅行、1組1980円!

KDDIなどが新サービス

  • 0
  • 0
VRゴーグルと観光地のカメラを結んで、現地の人と交流できる
 KDDIとナビタイムジャパン(東京都港区)は20日、VR(仮想現実感)を活用し、遠隔から海外の観光地をリアルタイムで体験できるサービスを提供すると発表した。専用のVRゴーグルと英国ロンドンなどで現地ガイドが持つ360度カメラを接続し、観光地の人々と会話したり風景を写真で撮影したりできる。都内の特設会場で11月3、4日に28組限定で提供する。料金は1組1980円(消費税込み)。1組2人まで参加できる。

 サービス名は「SYNC TRAVEL(シンクトラベル)」。ロンドンやタイのバンコク、オーストラリアのシドニーの観光を15―20分程度楽しめる。特設会場でVRゴーグルと現地のカメラをリアルタイムで通信する。観光地の人々との交流を楽しめるほか、お土産を買って日本で受け取ることもできる。体験したVRの録画画像は後日、提供する。

 参加希望者はナビタイムジャパンが運営する旅行予約サイト「NAVITIMEトラベル」で26日まで受け付ける。サービスの本格提供については「開始時期は未定だが、利用者の声などを踏まえて前向きに検討する」(KDDI)という。

日刊工業新聞2016年10月21日

COMMENT

昆梓紗
デジタルメディア局
記者・編集者

アメリカで、障害を持つ方が遠隔操作したロボットが身代わりに旅行をし、美術館で絵を鑑賞したり現地の人とコミュニケーションを取ったりするという事例がありました。そういった活用法も考えられそうです。

関連する記事はこちら

特集