川重が中国でスカラロボット生産へ。急速な自動化シフトへ対応

電気電子業界向け、年内めどに初年度1000台規模

  • 0
  • 1
双腕型水平多関節ロボット「デュアロ」
 川崎重工業は年内をめどに中国で人と共存する双腕型水平多関節(スカラ)ロボット「デュアロ」の生産を始める。重慶市に設けるシステム構築(SI)拠点を活用。初年度1000台の生産能力を持たせ、現地顧客へ即納できるようにする。安全柵なしで稼働できるデュアロを、人件費高騰に直面する中国の電気電子業界などに売り込む。

 51%を出資する中国企業との合弁会社「川崎(重慶)機器人工程」でデュアロを現地生産化する。年末完成予定で延べ床面積約6600平方メートルのSI工場に川重が数億円を追加投資し、ロボット本体も生産することを決めた。最大で年5000台まで増産可能だ。

 ロボット本体を作る中国工場は、2015年に稼働開始した江蘇省蘇州市の拠点に次ぎ2カ所目。蘇州では自動車産業用の溶接ロボなどを生産する一方、重慶ではデュアロに特化する予定。重慶周辺にパソコン工場が集積するなど、デュアロの主要ターゲットである電気電子関連の需要が見込めるため、2工場目の設置に踏み切る。

 現在、川重はデュアロの全量を明石工場(兵庫県明石市)で作っており、16年度の生産計画は計2500台程度。

日刊工業新聞2016年10月13日

COMMENT

明豊
執行役員 DX担当
デジタルメディア局長

先日、鴻海傘下のフォックスコンが大量のロボットを導入したという報道が流れた。フォックスコンは内製もしている。川重の初年度の計画からして電気電子業界で相当な需要が生まれているのだろう。中国側の人件費問題という視点から考えても興味深い動き。

関連する記事はこちら

特集