シャープの高橋社長は、会見後の15分の囲み取材で何を語ったか。

液晶の分社化は?「ありません。何%でも外に出すことは無理。それは中計を諦めるとイコールだ」

  • 0
  • 0
 経営再建中のシャープは14日、再生に向けた中期経営計画を発表。記者会見は東京支社(港区・芝浦)で15時から開かれた。高橋興三社長が15時9分に無数のフラッシュを浴びながら会場に入ってくる。深々と頭を下げて、15時10分から高橋社長自ら業績と再生プランを一通り説明し、質疑応答に移る。東京と大阪会場を回線で結び、双方から質問を受ける形で進んだ。高橋社長は今回の経営危機に陥った背景について、経営管理の甘さとガバナンス(企業統治)に問題があったと何度も繰り返し答えた。会見は16時28分に終了、高橋社長は、再度深々と頭を下げた。

 記者会見の終わり方はいろいろある。広報にガードされながらそそくさと会場を出る経営トップもいるが、最近のシャープは、会見後に「囲み取材」の時間を設けることが多い。囲み取材は、公式の会見より本音が出る場合もある。主なやりとりを紹介する。

 記者 3500人をリストラするというが、優秀な社員が辞めないか。
 高橋 それはおっしゃるとおり。弊社には優秀な社員が多いのでリスクもある。それでも固定費を落として市場変動に対応するためには必要なこと。前回も3000人程度を削減した。(今回は)二度目。経営者として情けなく辛いが、これをやりきっていかないと将来のシャープをつくれない。

 記者 不採算事業からの撤退は。
 高橋 (5つの社内カンパニー制に事業を再編するが)カンパニーを丸ごと売却することは考えていない。ただし、例えばだがテレビもどうなるかわからない。今のテレビ(のような売り方)を続けるのかどうか。(米の動画配信サービス大手)ネットフリックスが上陸するなど大きな変革期にある。そういった中で不採算になって陳腐化してくるかもしれない。安定的な複写機もずっと安定かわからない。

 記者 (特定事業で)完全撤退は念頭にあるのか。
 高橋 今、これはというものはない。状況によって変わってくる。

 記者 外部とのアライアンスは。産業革新機構と(液晶事業で)交渉しているとの報道あるが。
 高橋 今、これといった相手はない。

 記者 液晶は多額の設備投資必要。カンパニー制の先に資金調達を見据えた社外分社は。
 高橋 現時点で、シャープが100出資でなくなる分社のロードマップは液晶に限らず検討していない。

 記者 液晶の継続発展に社外分社の可能性はまったくないのか。
 高橋 ありません。今回の中期経営計画で液晶がなくなったら、中計ができなくなる。(液晶の持ち分や資産を)何%でも外に出すことは無理。それは中計を諦めるとイコールだ。

 記者 (液晶で)アライアンスの申し出があったら どのように対応するのか。
 高橋 100%、うちがもっている形だったら良い。

 記者 前回の再建計画では(独自液晶技術の)「IGZO」を柱にしたが、足元ではLTPS(低温ポリシリコン液晶)市場が伸びている。方向転換しないのか。
 高橋 今、引き合いが強いのはIGZO。 亀山第2工場で増えるのは中型のタブレットや高精細のパソコン。基板面積はスマホの10倍だ。

 記者 減資の意図は。
 高橋 資本政策の融通性をあげることができる その意味で減資した。

 記者 カンパニー制では経営指標を出すのか。パナソニックは営業利益率5%という数字を出したが。
 高橋 財務3表をきちんと分析しなさいということ。液晶とコンシューマー家電ではアセット(資産)が違うので同じ指標を目標にはできない。各カンパニーによる分析内容をコーポレート(本社部門)がつかんで、資金調達はコーポレートでする。

 記者 (液晶テレビなど家電を生産する)栃木工場(栃木県矢板市)の人員規模は今のままか。
 高橋  まったく縮小は考えていない。特にコンシューマーで日本は重要地域の一つ。ただ一人も減らないかと言われれば、それはわからない。きちんと固定費を最適化しないといけない。ただ大きな方向としては縮小はない。

 記者 銀行とはどんな話をしたのか。
 高橋 中計で話した内容。人に寄り添うといった抽象的なイメージを含め説明した。4月の終わりころにお伝えした。

 囲み取材が終わったのは16時43分で約15分続いた。

ニュースイッチオリジナル

COMMENT

明豊
執行役員デジタルメディア局長 DX担当

約1兆円事業の液晶を切り離して、2兆円企業として再スタートする覚悟ができるか。高橋社長の在任期間中の最大の経営判断になる。

関連する記事はこちら

特集