キユーピー、マヨネーズ研究から生まれた除菌スプレー

  • 0
  • 4
 キユーピーはマヨネーズの原料である鶏卵に関する機能性成分の研究成果を活用して、アルコール除菌スプレー「ケイ ブランシュ=写真」を開発した。卵由来の抗ウイルス成分であるノロクリアプロテインを配合したキッチン用。噴霧して5秒後にウイルスや細菌を99・9%除去できるという。自社のインターネット通信販売サイト「キユーピーアヲハタネットショップ」などネット限定で10月12日に発売する。

 ケイ ブランシュの内容量は200ミリリットルで、消費税込みの価格は1200円。秋から冬にかけて空気の乾燥に伴い、ウイルス性胃腸炎や食中毒感染者が増加する傾向がある。キユーピーは同除菌スプレーを、こうした感染の防止対策として拡販する。

 同社は鶏卵の機能性成分研究を30年以上にわたり行い、2014年にノロウイルスの働きを失わせ不活化する卵由来成分の開発に成功している。キッチンまわりの除菌では対象物が食品に直接触れるため、安全素材の除菌剤が求められる。ケイ ブランシュは食品由来成分でつくられているため、食品や食器に直接吹きかけて使用でき、拭き取りも不要。幼児や受験生を持つ母親層などを主なターゲットに売り込む。

日刊工業新聞2016年9月23日

COMMENT

昆梓紗
デジタルメディア局
記者・編集者

なかなか高価に思われますが、食品由来成分ということで安心感を得る消費者も多いのでしょうか。

キーワード
ケイ ブランシュ

関連する記事はこちら

特集