MRJ 週内にも飛行再開へ 米国出発は9月下旬

  • 0
  • 0
8月28日に米国への出発後に引き返し愛知県営名古屋空港に着陸する「MRJ」
 【名古屋】三菱航空機(愛知県豊山町、森本浩通社長、0568・39・2100)は、国産小型ジェット旅客機「MRJ」試験1号機の飛行試験を週内にも再開させる。新たな試験場所の米国に出発後、不具合により2日連続で引き返したが、その原因の究明と対策立案に一定のめどが立った。まず、愛知県営名古屋空港(愛知県豊山町)で地上試験を実施し、結果を踏まえて週内か、来週中で再開時期を決定する。

 試験1号機は空調の監視システムの不具合により、8月27、28日いずれも米国への出発後に引き返した。原因の分析と飛行再開に向けたシミュレーションの完了後、地上試験に移る。米国への再出発には、経由地のロシアから空港使用などの許可の再取得が必要。飛行試験を問題なく終え、再取得が済めば、9月下旬にも再出発する見通しだ。

日刊工業新聞2016年9月7日 機械・航空機面

COMMENT

空調システムを入れ替えたのか否かなどは明らかではありませんが、一週間あまりで飛行再開に至ればトラブル自体はマイナーなものだったと推測できます。 いずれにしても米国での飛行試験の順調にこなせるかが勝負ですね。

関連する記事はこちら

特集