スカイマーク、4月の利用率64・5%。撤退や減便で逆にやや改善

19路線中14路線が前年割れ。下落幅が最大は「福岡-那覇」

  • 0
  • 1
 民事再生手続き中のスカイマークが5月11日に発表した2015年4月利用実績は、ロードファクター(座席利用率、L/F)が64.5%と、前年同月を2.6ポイント上回った。 路線撤退や減便などにより、提供座席数が23.3%減の66万210席と大幅に減少したことで、L/Fを押し上げた。搭乗者数は提供座席数減少の影響もあり、前年同月比18.4%減の42万5247人と、6カ月連続で下回った。

 4月の運航路線は前月比5路線減の19路線。路線別でL/Fを見ると、7割強にあたる14路線が前年割れとなった。羽田発着は変わらず5路線で、L/Fは福岡線が83.7%(前年同月比1.2ポイント低下)、札幌線は70%台、残り3路線は60%台だった。また、那覇線が前年同月を1.4ポイント上回ったのを除くと、残り4路線が下回った。

 一方、羽田発着以外の14路線では、神戸-札幌線や福岡-札幌線など10路線のL/Fが、前年を割り込んだ。前年割れ10路線のうち、下落幅がもっとも大きい15.4ポイント減となった福岡-那覇線は、ピーチ・アビエーションと競合。運賃に敏感な利用者層がLCCに流れているとみられる。また、不振が続く神戸-米子線は、L/Fが25.4%と全路線で最低だった。

 那覇-宮古線と石垣線、仙台-福岡線と札幌線、季節定期便の札幌-那覇線の計5路線が3月29日から運休。宮古と石垣からは事実上撤退となった。

COMMENT

吉川忠行
Aviation Wire
編集長

スカイマークの4月の利用実績。ロードファクター(座席利用率)の全路線平均は前年同月比で小幅改善しているものの、全19路線の7割強にあたる14路線が前年を割り込んでいます。

関連する記事はこちら

特集