東京の航空部品メーカー、新潟に2工場を一気に新設!

吉増製作所 売上高5割増へ

  • 0
  • 7
アセック(東京都あきる野市)の新潟工場内に建設中の吉増製作所新工場
 【立川】吉増製作所(東京都あきる野市、吉増弾司社長、042・558・2151)は、民間航空機の需要増に対応するため、新潟県に航空機部品の新工場を建設する。総投資額は約10億円。グループ会社を通じて2拠点を新設し、ジェットエンジン部品や航空機用ラバトリー(化粧室)などを増産する。本格稼働後の月間生産能力はエンジン部品、内装品ともに現状の2倍に増える見込み。部品の供給体制を強化することで、2020年5月期に売上高で16年度比50%増の75億円を目指す。

 ジェットエンジン部品は同部品を製造する吉増製作所のグループ会社、アセック(東京都あきる野市)の新潟工場(新潟県村上市)内に約5億5000円を投じ、新工場を建設して増産する。工場は延べ床面積約1500平方メートルの鉄筋平屋建てで、完成は10月末を予定する。

 新工場にはプレス機や数値制御(NC)旋盤、マシニングセンター(MC)、レーザー加工機などの生産設備を新設して専用生産ラインを構築する。従業員は6、7人でスタートし、20年には20人まで増員する。新工場の稼働により、同部品の月産は現状約1500個から約3000個に伸びる見込み。

 また、ラバトリーやギャレー(調理設備)は、同設備を製造する吉増製作所のグループ会社、三友工業(東京都あきる野市)を通じて整備する。約4億円を投じて新潟県胎内市に敷地面積約2000平方メートルの鉄筋平屋建て工場(敷地面積約1万4000平方メートル)を建設する。完成は17年4月を予定する。近隣に部品の供給を受けるジャムコの物流倉庫があるため、生産効率の向上が可能と判断した。

 経済産業省によると座席数150席級の民間航空機の需要が今後20年間で最も伸びるとする。吉増製作所は同型機向け部品加工を得意とする。生産設備を整えて、需要増に対応できる体制を整える。

COMMENT

吉増製作所は海外の航空関連展示会にも積極的に出展している印象があります。共同受注グループ「AMATERAS」のメンバー企業でもあります。

関連する記事はこちら

特集