カッパでおなじみ黄桜、レストラン併設の日本酒工場施設をオープン

  • 0
  • 0
 【京都】黄桜(京都市伏見区、松本真治社長、075・611・4101)は25日、日本酒の醸造工程や地ビールの缶詰作業などが見学できる工場施設「黄桜 伏水蔵(ふしみぐら)」(京都市伏見区)をオープンする。同施設で造った地ビールや日本酒が飲めるレストランやショップ(写真)も備えた。

 伏水蔵の地ビール醸造能力は同社従来比で約20倍の年4000キロリットル。建物は5階建て、延べ床面積は5050平方メートル(工場面積3859平方メートル)。予約制で入館無料。訪日外国人旅行者などの需要も取り込み、年間20万人の利用を見込む。

日刊工業新聞2016年8月25日 中小企業・地域経済1面

COMMENT

昆梓紗
デジタルメディア局
記者・編集者

日本酒のイメージが強い黄桜ですが、元早稲田大学教授の吉村作治氏が中心となりよみがえらせた古代エジプトビールの現代版「ホワイトナイル」も製造販売しています。

関連する記事はこちら

特集