トヨタ、いよいよ南米へ走り出す。「5大陸走破」の第3弾

日本と現地て従業員約110人が参加。もっといいクルマづくりのヒントに

 トヨタ自動車は23日、地球上の五大陸すべてを従業員が運転するトヨタ車が走る「5大陸走破プロジェクト」で、第3弾となる南米大陸での走行を始めたと発表した。2014年の豪州、15年の北米に続くもので、険しい道を従業員が一体となって突き進む経験を通じ、人材の育成や車の品質向上につなげる狙いがある。

 12月上旬までの約3カ月半の間に、ブラジルやペルー、ウルグアイなど南米7カ国の約2万キロメートルを走破する予定。日本と現地を合わせて従業員約110人が参加する。

 今回は高さ4000メートル級の高山地帯のほか、熱帯特有のぬかるんだ道などが特徴。初の非英語圏でもあり、従業員同士の意思疎通も重要になる。

 同走破プロジェクトは20年までに五大陸を走破する計画。豊田章男社長は「さまざまな道と対話する中で感じたことが、『もっといいクルマづくり』のヒントになる」とコメントした。

日刊工業新聞2016年8月24日

明 豊

明 豊
08月24日
この記事のファシリテーター

今日公開した三越伊勢丹の大運動会も従業員の一体感を作るイベントだが、「5大陸走破プロジェクト」はより先鋭化したものだろう。それが「もっといいクルマづくり」という経営トップのミッションとつながっている点が章男さんらしい。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。