MRJ いよいよ22日以降に米国へ 新千歳空港で試験 

  • 1
  • 0
試験飛行中のMRJ
 【名古屋】三菱航空機(愛知県豊山町、森本浩通社長、0568・39・2100)は18日、開発中の国産小型ジェット旅客機「MRJ」の試験1号機を北海道の新千歳空港(千歳市・苫小牧市)に初着陸させた。22日の週にも米国での飛行試験に出発する予定で、経由地の同空港まで飛行して機体整備を実施した。MRJが拠点の愛知県営名古屋空港(愛知県豊山町)以外に着陸するのは3カ所目。

 午前9時17分に名古屋空港を離陸し、10時57分に着陸した。名古屋空港以外での整備作業を確認した後、名古屋空港まで数時間かけて戻り、飛行試験に取り組んだ。

 三菱航空機は2018年半ばのANAホールディングスへの量産初号機納入に向け、米国で1年間ほど飛行試験を実施して型式証明の取得を目指す。新千歳空港、ロシア、米アラスカを経由し、試験拠点の米ワシントン州の空港に向かう計画。

日刊工業新聞2016年8月19日総合3面

COMMENT

いよいよMRJは来週以降に米ワシントン州へ飛び立ちます。航続距離の問題からいくつかの経由地がありますが、飛行ルートは当初の計画通りに新千歳、ロシア、米アラスカを経由しての「北方ルート」になりそう。 当初、三菱航空機は「もしロシアが許可してくれなかったら」と考え、グアム、ハワイ経由でシアトルまで行く「南方ルート」も検討していました。この場合、ハワイ・シアトル間の距離が長いので予備の燃料タンクを機体下部に付けることを想定していたようです。

関連する記事はこちら

特集