日本初のボーイング777、ANA初号機が運航終える

  • 0
  • 0
日本初の777であるANAの777初号機JA8197の羽田着最終便となったNH70便
 日本初のボーイング777となった全日本空輸(ANA)の777-200初号機が8月15日、最後の商業運航を終えた。

 最終運航を迎えた初号機は、1995年10月4日にANAへ引き渡され、同年12月23日の羽田-伊丹線が初便となった。就航当時は垂直尾翼に「777」と大きく描かれ、最新鋭機であることをアピールしていた。

 ANAが運航する777は、777-200が14機(初号機除く)、777-200の航続距離延長型となる777-200ERが12機、長胴型の777-300が7機、777-300の航続距離延長型777-300ERが22機の計57機。次世代機777Xは20機を発注している。

 777-200は16機運航していたが、5月24日に初の退役機となる3号機が、羽田空港から売却先の米国へ旅立った。最終フライトを迎えた初号機は、ANAの777では2機目の退役。機材変更が生じない限り、15日の羽田発伊丹行きNH41便が最終便となる見通し。

 初号機の羽田着最終便は、札幌午後4時46分発の羽田行きNH70便で、午後6時21分に59番スポットへ到着。羽田発最終となったNH41便は、乗客355人(幼児3人含む)と乗員11人を乗せて羽田を午後7時21分に出発し、伊丹には午後8時31分に到着した。

COMMENT

吉川忠行
Aviation Wire
編集長

日本初の777である、ANAの777-200初号機JA8197が15日で最終運航を迎えました。

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる