ヒルトンお墨付きの機内食をANAのハワイ便でいかが?

ハワイアンビレッジ・ワイキキ・ビーチ・リゾートのシェフが監修! ラウンジでもコラボ

  • 0
  • 0
ヒルトンが監修するホノルル線エコノミークラスの機内食
 世界各地でホテル事業を展開するヒルトン・ワールドワイドは5月8日、全日本空輸(ANA)と機内食や空港ラウンジでコラボレーションサービスを開始すると発表した。提携期間は2017年まで。

 第1弾として6月1日から8月31日まで、東京(羽田・成田)-ホノルル線の機内食に、ヒルトン・ハワイアンビレッジ・ワイキキ・ビーチ・リゾートのシェフが監修した、ハワイを表現するメニューをビジネスとエコノミー両クラスで提供。ハワイの魅力を紹介する特別番組も機内で放映する。羽田と成田両空港のラウンジでも、同ホテルのシェフ監修によるメニューを用意する。

 今回のコラボでは、ホノルル発だけではなく、東京発便でもヒルトンの監修メニューを提供するのが特色。ANA上席執行役員の渡辺俊隆CS&プロダクト・サービス室長は「これまでも海外のホテルと食事のコラボをやったことがあるが、現地発のみだった。成田・羽田発便もハワイらしい料理が出てくる」と語った。また、ビジネスクラスだけではなく、エコノミーも監修メニューとすることで、家族連れなどハワイに初めて旅行する層にも訴求していく。

 東京発便エコノミークラスのメニューは、アペタイザー(前菜)がハワイアンヌードルとシーフードマリネ、メインディッシュがグリルチキンのパインチャツネ添え、デザートがタピオカ入りココナッツムースで、ポップコーンが添えられる。

 ANAは、2014年12月からホノルル路線のサービスを刷新。ヒルトンとの提携で競争力を強化する。ハワイ到着前から音楽などでリゾート気分を盛り上げる演出「リゾートプロジェクト」を実施している。また、成田-ホノルル線を7月17日から1日2往復(週14往復)に増便する。機材はボーイング767-300ER型機で、座席数はビジネス35席、エコノミー179席の214席。

 ヒルトンのアジア太平洋地区担当マーケティング バイスプレジデントのマーク・リバーシッジ氏は「日本の旅行者にハワイをより楽しんでもらいたい。ラウンジなどでヒルトンのホスピタリティーを提供する」と述べた。両社では今後、ハワイ以外の観光地でもコラボレーションを展開していく。

COMMENT

吉川忠行
Aviation Wire
編集長

ヒルトンがANAとコラボ。第1弾は東京-ホノルル線での機内食やラウンジの食事の監修です。機内食はホノルル発だけではなく東京発も対象で、ビジネスとエコノミーで実施します。JALはビジネスクラスにフルフラットシートを導入するなど、この夏のハワイ路線は競争が激化しています。

関連する記事はこちら

特集