帝人フロンティア、エアバッグ基布の海外生産でライバル追う

モジュールメーカーとの連携も視野、カギ握る「ナイロン66・強力糸」の調達

  • 0
  • 0
 自動車部品部材サプライヤーが米州(北米と南米)市場を深耕するため、現地生産に乗り出している。帝人フロンティア(大阪市中央区)は、中南米でエアバッグ基布やゴム資材、カーシートなどを生産する検討に入った。国上精機工業(横浜市港北区)は、主力のカーオーディオ向けパネル製造事業で2016年にもメキシコに進出する。北米・中南米の自動車市場の攻略に本腰を入れる。
 
 帝人フロンティアは繊維や樹脂加工技術を生かし、エアバッグ基布、ゴム資材、カーシート、タイヤコードなどを手がける。すでに日本、中国、東南アジアで製造販売網を築いており、これからは北米・中南米にも進出し、日系自動車メーカーの現地調達ニーズを取り込む考え。

 国上精機工業は取引先のカーオーディオメーカーがメキシコに進出しているのを受け、同国でカーオーディオ向けパネルの現地供給体制を整える。パネルの成形から塗装、印刷までを一貫して手がける生産体制を構築したい考え。

 国際自動車工業会(OICA)の統計によると、14年の米州の4輪車生産台数は前年比0・7%増の2128万台だった。特に伸びが目立つのはメキシコで、同10・2%増の336万台と2ケタ成長を記録。メキシコでは13年秋以降、日産自動車やマツダ、ホンダが新工場を相次ぎ稼働。トヨタ自動車も米国への輸出拠点として、18―19年にもメキシコに新工場を開設する計画だ。

 完成車メーカーの工場稼働に合わせて、部品メーカーの現地進出も加速。日産が14年に開設したブラジルのレゼンデ工場の隣接地には、タチエス、ヨロズ、鬼怒川ゴム工業、カルソニックカンセイなどの部品メーカーが拠点を構える。

 中堅中小企業では、ブレーキ部品の黒田精機製作所(名古屋市瑞穂区)や、熱処理加工を手がける東研サーモテック(大阪市東住吉区)が国際協力銀行(JBIC)の協調融資を活用し、メキシコへの進出や生産能力増強を進める。

日刊工業新聞2015年04月09日 自動車面

COMMENT

峯岸研一
フリーランス

帝人フロンティアが力を入れる事業の一つがエアバッグ基布の織布生産だ。同社は、エアバッグ向け原糸であるナイロン66・強力糸を旭化成せんいから供給を受けることで、中国で旭化成せんいなどと合弁会社を設立、2012年12月から生産を開始した。同社は、エアバッグ基布生産で東レや東洋紡の後塵を拝しているものの、今後の動向が注目されるポリエステルF・強力糸によるエアバッグ基布生産のR&Dについては古くから取り組んで来た。帝人フロンティアが中国での生産に踏み切ったのは、世界的なエアバッグモジュールメーカーとの関係が大きく影響している。日光社長の中南米をターゲットにしたF/Sの発言も、こうしたエアバッグモジュールメーカーや自工メーカーとの連携が視野に入っていると観るべきべきだろう。ただし、エアバッグ基布の生産で鍵を握るのは、サプライソースが限られているナイロン66・強力糸の確保である。

関連する記事はこちら

特集