日産、新型エンジンを来年から生産。75億円投資し横浜工場で

ダウンサイジングターボを「インフィニティ」に搭載

  • 1
  • 1
新型エンジンを搭載するインフィニティQX50
 日産自動車は2017年に、横浜工場(横浜市神奈川区)で新型ガソリンエンジンの生産を始める。新型エンジンは圧縮比を変えられる世界初の技術を採用。海外で展開する高級車ブランド「インフィニティ」のスポーツ多目的車(SUV)「QX50」に搭載する。低燃費と高出力を両立する新型エンジンの搭載で競争力を高める。

 エンジンの主力拠点である横浜工場に新ラインを設置する。新ラインでは新型エンジンとユニット部品を量産するほか、新工法の開発や新たなパワートレーン系部品の量産技術の確立に役立てる。総投資額は約75億円。

 新型ガソリンエンジンはピストンの最高点を変えられる機構を付加しており、圧縮比を8−14の間で連続的に変化できる。圧縮比を変えられると、低燃費と高出力を両立しやすくなる。

 排気量は2000ccで直列4気筒。ターボチャージャー(過給器)と組み合わせて排気量を小さくしつつ出力を維持するダウンサイジングターボエンジン。

<全文は日刊工業新聞電子版に会員登録して頂くとお読みになれます>

日刊工業新聞2016年8月15日

COMMENT

明豊
執行役員 DX担当
デジタルメディア局長

新型エンジンはインフィニティ事業の強化策の中核。インフィニティだけでなく、ルノー・日産自動車連合の他のブランドへの展開も検討していく。

関連する記事はこちら

特集