富士重が日系メーカー初の4駆EVを商品化。米国に21年投入

  • 0
  • 3
「スバルグローバルプラットフォーム」をEVに活用する
 富士重工業は国内大手自動車メーカーで初めて4輪駆動(4WD)の電気自動車(EV)を商品化する。2021年に米国市場に投入する。スバル車の特徴である走りの良さを訴求し、EVの拡販につなげる。4WDのEVは米テスラ・モーターズが商品化し、人気を集めている。ハイブリッド車(HV)やEVなどのエコカーは普及期に入り、環境性能以外の走行性能なども重視した商品展開が迫られている。

 富士重が投入するのは、スポーツ多目的車(SUV)「フォレスター」「アウトバック」など中型車のコンセプトを継承したEV。4WDで力強い走りを打ち出す。

 今年発表した新開発のプラットフォーム(車台)を採用し、乗り心地の良さや衝突安全性も確保する。米国のユーザーの嗜好(しこう)に合わせ、長距離走行に対応できる航続距離を実現する計画だ。同社は5月に米カリフォルニア州の環境規制に対応するためEV事業への再参入を表明した。

<全文は日刊工業新聞電子版に会員登録して頂くとお読みになれます>




COMMENT

明豊
執行役員 DX担当
デジタルメディア局長

日産やホンダなど日本メーカーのEVは2WDが主流。4WDのEVを商品化しているのは米テスラなど一部の海外メーカーに限られる。4WDは2WDよりも駆動に必要な電力消費量が多く、航続距離を伸ばしにくい。ただ「スバルらしいEV」(吉永社長)を目指す中で、4WDは良いチャレンジではないか。

関連する記事はこちら

特集