ANA、787-9国際線仕様機が就航 最新エンタメ機器搭載

  • 0
  • 0
1-2-1配列に統一されたANAの787-9国際線仕様機=4月28日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire
 全日本空輸(ANA/NH)は5月5日、国際線仕様のボーイング787-9型機の初号機(登録番号JA836A)を、羽田-ミュンヘン線に就航させた。同型機を国際線に投入するのは、国内の航空会社では初めて。

  ANAは787の長胴型である787-9を、2014年8月から国内線に2機導入済み。国際線仕様機は今年4月に初めて受領し、4月23日に米シアトルから羽田空港へ到着した。羽田-ミュンヘン線に就航後は、8月以降に2路線目の羽田-ジャカルタ線へ投入を計画している。

 座席数はビジネスクラス48席とプレミアムエコノミークラス21席、エコノミークラス146席の計215席。787-8の国際線長距離仕様の169席(ビジネス46席、プレミアムエコノミー21席、エコノミー102席)よりも46席増え、貨物も約1.2倍搭載できる。

 エンジンは英ロールス・ロイス製トレント1000-K2で、出力は3万3480キログラム。787-9の国内線仕様機用トレント1000-A2(出力2万8940キログラム)と比べ、出力が増加している。航続距離は787-8の国際線仕様機より160キロメートル伸び、1万4960キロメートルとなっている。

 ビジネスクラスのシートはスタッガード配列で、787-8では1列ごとに1席-1席-1席配列と1席-2席-1席配列が交互に配されていたが、787-9は1席-2席-1席配列に統一された。

 全クラス共通の新サービスとして、各席の個人用モニターでテレビ番組をリアルタイムに視聴できるサービス「ANA SKY LIVE TV」を初導入。NHKやCNNのニュース番組や、スポーツ番組が無料で見られる。

 また、777や767で提供中の機内インターネット接続サービス「ANA WiFi サービス」も、787では初めて導入。全クラスで利用できる衛星回線を使ったネット接続サービスで、米パナソニックアビオニクス製のシステムを使用する。同システムは、ボーイングが787用のネット接続システムとして、唯一採用したもの。料金は30分で6.95ドル(約830円)、3時間で16.95ドル。

 機内エンターテインメントプログラムも拡充し、電子書籍を用意。個人用モニターで雑誌やマンガ、実用書などが無料で読める。

 モニターで見られる航路図「ANA スカイマップ」も、従来の2次元(2D)地図から3次元(3D)に進化。立体的な地形表示や、さまざまなアングルからの航路図が楽しめるという。

 初便は5日午後0時32分、ミュンヘンに向けて羽田を出発した。ミュンヘンには定刻より25分早い現地時間5日午後4時55分に到着予定。ANAでは当初、連休明けの投入を予定していたが、機体の調子が良いことから前倒しした。

COMMENT

吉川忠行
Aviation Wire
編集長

ANAの787-9が羽田-ミュンヘン線に5日から就航。リアルタイムでテレビ番組を視聴できる新サービスや、機内ネット接続サービスなど機内エンターテインメントを充実。国内の航空会社で787-9を国際線に導入するのは初めてで、8月以降に羽田-ジャカルタ線への投入を計画しています。

関連する記事はこちら

特集