ロンドンの航空ショーでANAが富士山と桜デカールを展示飛行

ファンボローで日本の航空会社の塗装機は初

  • 0
  • 0
ANAの787-9に貼られた富士山のデカール(同社提供)
 現地時間7月11日から英国ロンドン近郊で開かれる第50回ファンボロー航空ショーで、ボーイングは全日本空輸(ANA/NH)を傘下に持つANAホールディングス(9202)へ引き渡す予定の787-9型機を使い、展示飛行を実施する。日本の航空会社の塗装機が、ファンボローの展示飛行に登場するのは初めて。

 使用する機体は、ANAが今月下旬の受領を予定している長距離国際線仕様機。座席数は215席(ビジネス48席、プレミアムエコノミー21席、エコノミー146席)となる。

 7月11日と12日の展示飛行は、胴体中央の左側に富士山、右側にサクラのデカールを貼り付けて実施。ボーイングのパイロットが、飛行性能の良さを会場上空で披露する。

 ANAは787のローンチカスタマー。787の発注数としては世界最多となる標準型の787-8を36機、長胴型787-9を44機、超長胴型787-10を3機の計83機を発注済み。これまでに787-8を36機、787-9を11機の計47機を受領している。

 ANA初の787-9は国内線仕様機で、初号機を2014年7月に受領。2015年4月には、長距離国際線仕様の初号機を受領している。8月上旬からは新たに中距離国際線仕様を導入することで、ANAの787-9は3仕様となる。

 ファンボロー航空ショーは2年に1度、7月にロンドン近郊のファンボローで開かれる。奇数年開催のパリ航空ショーと並び世界最大規模で、航空会社による大型発注や機体メーカーの新型機発表の場に選ばれることが多い。

COMMENT

吉川忠行
Aviation Wire
編集長

ボーイングがファンボロー航空ショーの展示飛行で、ANAへデリバリー予定の787-9を使用します。

関連する記事はこちら

特集