グーグル主催のロボット月面探査レース、日本チームへの応援続々

auは女優の有村架純さんがアンバサダーに

  • 0
  • 1
女優の有村架純さんとタレントの篠原ともえさん
 KDDIは7日、米グーグル主催のロボット月面探査レースに参戦するプロジェクト「au×HAKUTO MOON CHALLENGE」について、応援するアンバサダーとして女優の有村架純さんやタレントの篠原ともえさんを任命したと発表した。

 同レースは2017年末までに月面にロボット探査機を着陸させて走行させ、画像を地球に送る競技。KDDIは日本チーム「HAKUTO」の無線技術を支援している。

 有村さんは都内の就任式で「(プロジェクトを)皆さんに知ってもらう力になりたい」と意気込んだ。篠原さんは「挑戦当日は望遠鏡で月を眺めたい」と計画を明かした。

スズキは開発部門の士気を高める


 スズキは5日、米グーグル主催のロボット月面探査レースに参戦する日本チーム「HAKUTO」に技術支援すると発表した。パウダー状の砂で覆われた月面をスリップせずに走破する技術や軽量化技術を提供する。

 ブランドイメージや技術者の士気向上が狙い。HAKUTOはispace(東京都港区)が運営する日本唯一の参加チーム。2017年末までに月面にロボット探査機を着陸させて500メートル以上移動し、画像データを地球に送るミッション達成を競う。

日刊工業新聞2016年7月5日/8日

COMMENT

池田勝敏
編集局経済部
編集委員

生活密着、実用重視といったイメージが強いスズキが宇宙に関与するのは意外だ。小さな車づくりのノウハウを地道に蓄積して、日本の軽自動車市場を牽引しインド自動車産業の成長を主導した。そのノウハウを一転、月探査に活用するという。燃費データの測定を巡って不正が発覚したばかりだ。宇宙プロジェクトに関与することで企業イメージをよくする狙いもあろうが、不正発覚で消沈しかねない開発部門の士気を高める上でも意味があるプロジェクトだ。

関連する記事はこちら

特集