カシオ、欧州でデジカメ販売再開。ハンズフリーでスマホにない価値訴求

  • 1
  • 1
カメラとコントローラーを分離できる「EX-FR100」
 カシオ計算機は欧州でデジタルカメラの販売を再開する。これまで欧米販売を大幅に縮小してきたが、カメラとコントローラーを切り離せる「FR」シリーズの投入で独自市場を築けると判断した。アウトドアなどでの利用を見込む。ドイツを皮切りに販売地域を広げ、ウェブを中心に宣伝活動を展開する。デジカメ市場が縮小する中、スマートフォンにない価値の訴求を急ぐ。

 まずドイツで、FRシリーズのインターネット販売を始めた。今後、欧州内で販売地域を拡大する。FRはカメラを分離して、身体や自転車、釣りざおなどに装着し、手で持つカメラにできない構図で撮影できる。欧州はアウトドアレジャーの人気が高いため、FRに商機があるとみる。ウェブを中心に、レジャー体験者や著名人が撮影したFRならではの写真を公開し、知名度を高める。

 カシオのカメラ事業は、撮影者が自分を撮影する“自撮り”に特化した「TR」シリーズの中国販売が支えており、これに次ぐ商品としてFRの育成を急ぐ。FRはTRより広角で撮影ができ、防水や防汚、耐衝撃性を持つ。一定間隔での自動撮影やスロー映像撮影、撮りためた静止画を使った短いムービー自動作成などスポーツで使える機能をそろえた。現在、日本やアジアで販売している。

 「『撮影自体より写真をどう楽しむか』を重視する人が増えている」(中山仁執行役員)とカシオではデジカメへのニーズが変化していると分析。FRを活用し、究極のハンズフリーを目指した開発を加速する。

 

日刊工業新聞2016年6月29日

COMMENT

明豊
執行役員デジタルメディア局長 DX担当

カシオの2015年度のデジカメ出荷台数は98万台(前期比30%減)で、16年度は95万台を計画だが、欧州での販売目標は非公表とか。欧州再販売だけではなかなかデジカメ事業の浮上は難しいが・・

関連する記事はこちら

特集