五感を刺激する次世代型おままごとキット-KDDI、においと音でリアル料理体験

  • 0
  • 0
「ままデジ」をPRするタレントの辻希美さん
 KDDIは15日、センサーやタブレット端末と連携した次世代型おままごとキット「ままデジ」を開発したと発表した。キットはオモチャの包丁や食材などで構成。包丁で食材を切ると「ザクッ」という音が出るほか、料理が完成して鍋のふたを開けると実際の料理の香りがする。従来のおままごとにはない、嗅覚・聴覚・視覚を刺激する料理体験ができるという。発売時期や価格は未定。

 キリンと連携しキットを開発した。振動などを感知する各種センサーや通信モジュールを内蔵。包丁がまな板に当たる際の振動などを検知し、切る・炒める・鍋に入れるなどの動作に合わせ音が出る。タブレットは料理を作る物語を表示しつつ、料理に関するクイズを出す。これに沿って手順を進めると料理の知識を学べる。ままデジは食育を目的とした教育プログラムなどでの提供を検討していく。

 KDDIは同日に都内でままデジの会見を開き、タレントの辻希美さんがゲストで登壇した。

日刊工業新聞2016年6月16日 電機・電子部品・情報・通信1面

COMMENT

昆梓紗
デジタルメディア局
記者・編集者

おままごとなどの幼児の遊びでは「想像力を育てる」ことも大切だと思います。五感を刺激するのは面白い取組みですが、素朴なおもちゃであっても、子供たちは自分の中でいくらでも音やにおいを想像することができるのではないでしょうか。

関連する記事はこちら

特集