高級陶磁器の装飾も技術進歩している!ノリタケ、新シリーズ始動

  • 0
  • 0
 ノリタケカンパニーリミテドは14日、高級陶磁器シリーズ「マスターピースコレクション」の第3弾「瑞雲鳳凰文(ずいうんほうおうもん)」を発売すると発表した。15日から予約を受け付ける。消費税込みの価格は大花瓶(写真)が129万6000円、額皿が64万8000円。大花瓶1種を100個、額皿2種を各200個限定で販売する。

 釉上彩加飾などの転写技術を駆使し、金と銀の装飾で鳳凰の躍動感を表現した。都内で14日開いた内覧会で、馬渕義隆取締役常務執行役員は「ノリタケが培ってきた技術の象徴。百貨店フェアや展示会で丁寧に説明していく」と意気込んだ。

(名古屋)

日刊工業新聞2016年6月15日 建設・エネルギー・生活1面

COMMENT

昆梓紗
デジタルメディア局DX編集部
記者

高級陶磁器などの製造では伝統技能を守り、受け継がれているのかと思っていましたが、技術革新も進んでいたことに驚きました。電子部品だけではなく陶磁器に関しても技術開発は進んでいたのですね。

関連する記事はこちら

特集